☆勇気を出して 米国・ポートランド視察に行ってきましたよ。

こんにちは。
自信のない方専属ライフコーチの林忠之です。

38632895_1940829929275045_2328028679961051136_n

アメリカ本土は3回目。

2007年1月、ニューヨーク(以下NY)。
2014年5月、ナパ(カリフォルニア州)。
そして、
今回のポートランド(オレゴン州)。

思い返せば、NYに行った時も
まだ独立はしていないけれど、
コーチングを学び始めていたんだな。
コーチング歴3ヶ月くらいの頃だったな。

NYに行ったのは、娘が3歳になる頃で
ようやく妻から1人旅再開の許可が出た(^^)

2006年末にリクルートをやめて、
2月から次の会社に入るまでの期間に
1週間だけ、ただ、強い刺激を求めて行った。

NYでは、バンコクのような多様性というか、
初めてのボクが道を何度も聞かれた経験とか、
何でも、誰でも、ありなんだなと感覚と、
一方で、
詐欺に合いそうになった経験とか
英語が話せなくて、聞き取れなくて
何度もバカにされた経験とか
まぁ、大変だったなぁという感覚が残っている。

ナパでは、米国CTI主催のイベントに参加。

コーチングマインドを持った方々が多く、
英語でうまく自分を表現できないボクの話を
全身全霊で聞いてくれたり、
自分の言葉(日本語)で話していいよ、
と言ってくれたり、
すべてを受け入れてくれる人々の温かさや
心の広さ・深さを感じた体験だった。

コーチとして目指すべき
「あり方」をここでは学んだ。

その経験があったからこその
今回のポートランド。

「Portland Lifecoach」となんど検索しただろうか?

出てくる結果を一つ一つ丁寧に見ながら
プログラムを提供している会社や団体を調べたり、
いいタイミングで勉強会やセミナーをやっていないか?とか
参加しやすそうな短いプログラムはないか?とか
色々と探したけれど適当なものがなく、
最終手段として、どなたか、
コーチ個人に連絡をとってみようか?と思い至る。

当然だけれど、
英語のホームページしかないので
コーチのホームページを探しては時間をかけて読み、
なんとなくピンとくる人を数名に特定。

返信を頂けないかもしれないので
優先順位をつけて、勇気を出して連絡してみた。

いや、あっさり書いたけれど、
メールを送るまでに、
実は、、、、
探し始めてから2ヶ月くらいかかったんだよね。

相手もライフコーチとして活動している人なので、
こちらが誠実にメールを書けば、
きっと、誠実に返信してくれるだろう。
そして、都合さえ合えば、会ってくれるだろう。

でも、それが怖かった。

「会ってくれたら、どうしよう?」という
変な怖さ(笑)

わかる??

会ってくれて、ボクの英語力の低さのせいで、
もし、話が続かなくて、盛り上がらなくて、
10分くらいで終わってしまったらどうしよう?

ナパの時みたいに、
きっと、しっかり話を聞いてくれるよ。
受け入れてくれるよ。

でも、結局、あの時、
話したいこと話せなかったじゃん。
それじゃ、今回は、意味なくない??

いや、今回はスマホもあるし、
言葉の問題は、なんとかなるでしょ?

メールする?

いや、いや、
そんなドキドキしてまで、
会わなくてもいいんじゃない?

だから、
メールしなくていいんじゃない?

ただ、ポートランド行って、
普通に観光して帰ってくれば?

いやいやちょっと待て。

でも、逆に言えばさ、
ボクが「怖い」と感じていることなんて、
この程度のものなんだよね。

いいじゃん、盛り上がらなくても。
いいじゃん、挨拶だけさらっとして、
終わってしまっても。

自分が「いやだなぁ」と思うような結果を
受け入れればいいだけでした。

こんな会話を自分として、
ようやく思い切ってメールをしたのでした。

結果。

1時間半、お互いのことを話し、
アメリカでのコーチング、
日本でのコーチングについて情報交換し、
とっても素敵な時間を過ごせました(^^)

1997年、日本にコーチングが入ってきて約20年。
ボクがライフコーチング を始めて10年。
だいぶんアメリカに追いついてきてるのでは?

少なくとも、
大きく遅れをとっているという状況ではなさそうだ、
というのが実感でした。

38632895_1940829929275045_2328028679961051136_n
38637425_1940829922608379_3164555375689072640_n
38708129_1940829962608375_2320995250107056128_n

ここでボクが、
ブログ読んでくれてる人に伝えたかったことは、
ボクは何でもさらっとやってしまえるように
見えているみたいなのだけど、
実はそうでもなくて、
こんな1通のメールを送るだけで
自分の中であーでもない、こーでもないと話し、
勇気を出して前に進んでいるんだってこと。

そして、いやだなぁと思う結果を
受け入れる覚悟さえすれば、
一歩を踏み出せるんだってこと。

いやな結果にフォーカスするのではなく、
手に入れたい結果にフォーカスして行動するってこと。

です。

ボク自身もまだまだこんなに
ドキドキしながら前進してるんで、
お互い「自分らしい人生」を生きられるように
自信はなくても勇気を持って頑張りましょう!

ポートランドは住みたくなるような素敵な街でした。

38717334_1940829969275041_6868832344841650176_n

歩いていると内装が素敵なbarberがあって
中を覗いていると「Come on!」とお誘いを受け、
なぜかビールをご馳走になりました(^^)

38614722_1940830029275035_4955556665106628608_n
38683806_1940830055941699_7343618289102225408_n

月に1度行われているオープンハウスということで
常連さんや通りがかりの人に
ファンになって貰う為のイベントでした(^^)

みなさん気さくに話しかけてくださって、
30分ばかりでしたがとても楽しい時間を過ごしました。

Powell’s City of Booksという本屋さんにも行ってきましたよ。

心理学系の本はたくさんあって、
特に「Self Help」の領域、
トラウマやアルコール依存など
カウンセリング領域の本が目立ちました。

同じくらい目立ったのは
「Relationship」の領域の本。

人間関係で悩んでいる人が
多いんだなぁということを感じました。

期待していたほど
「lifecoaching」「coaching」の本はなく
1冊だけ中古本で見つけたこちらを買いました。

38680965_1940830049275033_9222703327626657792_n

でも、よく読んだら、
なんとイギリスの出版社の本というオチが(^^;)

今度はヨーロッパのコーチにも会いに行こうかな。