6期生 桜井道子さん : 神奈川県(執筆2015年3月)

執筆時職業:専業主婦

【体験談】

私は以前よりコーチングに興味があり
コーチエイ(当時コーチ21)にて
トレーニングを受けていました。
その当時、林さんが初めて開催されたセミナーに
参加したのが林さんとの出会いでした。

その後、プロコーチになるという目標をたてて
林さんにコーチをお願いしていたのですが
セッションを続けていく中、
私のことを見てくださっていた林さんから
一つの質問がありました。

「今、この瞬間のあなたが、本当に望んでいることはなに?」

この質問が私の大きな転機となりました。

その時に働いていた会社で活躍することでもなく
プロコーチになることでもない。
私の一番の望みは、母親になることだったのです。

このことに気が付き、
それに進むために行動をはじめました。
そして念願の母親になることができました。
林さんはとても喜んでくださり
私は林さんのコーチンングセッションを卒業しました。

そして、3年後。
子どもの幼稚園入園をきっかけに、
自分の時間が持てる!何か始めたい!と思い
真っ先に頭に浮かんだのは「コーチング」でした。

もう一度学びなおし、
自分の人生の大きなきっかけをくれたコーチングで
人の為に何かをできれば・・・
そんな想いから、決心をしました。

林さんがスクールをされているのは知っていたので、
特に何の迷いもなくLCWに申し込みをしたのですが
これが想像以上のものだったのです。

LCWは、コーチングスキルを
学ぶだけのスクールではありませんでした。
コーチングの大前提である「自己基盤」を整えること
これが大半を占めていたのです。

「自己基盤」というと、
頭ではなんとなくわかっている気でいました。
そして、「自己基盤を整えるには、自分を受け入れる」
という言葉を耳にしますがどうもピンとこない。

どのように自己基盤を整えるのか?
いざトレーニングに参加してみると、驚きでした。
体感型講座だったのです。
五感すべてを使うので、学ぶことが頭ではなく
身体に自然と入ってくるのです。

短いような長いような半年間で、
とにかく自分と向きあうことを徹底的に行い
気が付くと、コーチとして
必要最低限かつ最重要項目であった
「自己基盤」を手に入れることができました。
そしてそれが整えば整うほど、
コーチングというものを深く知ることが出来
クライアントの方と向き合うことができていったのです。

そして、一番大きく変わったのは、
私がありのままの自分と
向き合えるようになったことでした。

私はLCWに参加し、
コーチングスキルを学ばせてもらっただけでなく
自分の生き方について深く向き合い、
前進する力をいただけたと思っています。
そして、素晴らしい仲間にも出会えたことは
宝物といってもいいぐらいです。

参加できて本当によかった。
心からそう思います。

ここでの学びを通して、
そしてこれからも学び続けることで
一人でも多くの方の力になりたいと思います。

どんな方でも大事にしたいことはあるはずです。

その大事にしたいことに、
100%全力で向き合える人になるための
サポートをしていくコーチになります。

桜井 道子
【桜井道子オフィシャルブログ】へのリンク

michi