ライフコーチワールドKOREA体験記(相原彩菜さん)

ライフコーチワールドKOREA受講生の
相原彩菜(Ayana Aihara)さんが、
受講レポートを書いて下さいました(^^)

※基本的には【海外居住者専用】
林忠之がマンツーマンで行うライフコーチトレーニングは
オンラインのみでの提供となりますが、
現在、キャンペーン期間で、会いに行きました!

≪ライフコーチワールドKOREAでの学び≫
on June.11th.2017

私は現在、
海外に住んでいることから、

【海外居住者専用】
林忠之がマンツーマンで行う
ライフコーチトレーニング

を受講開始しました。

以前から
ライフコーチとして活躍したい!
という想いはありましたが、
いざトレーニング受講を決心してみると、
楽しみな反面、
私にコーチが務まるのだろうか?
という不安がありました。

そんな気持ちを胸に、
当日を迎え、
ドキドキしながら
トレーニング会場に行くと、
笑顔の林コーチと
素敵な落ち着きのある空間が
私を迎えてくれました。

“今日1日、よろしくお願いします!”
という挨拶を交わし、
トレーニングが始まりました。

日本での
ライフコーチトレーニングは、
通常6か月間、
集合とオンラインでの
トレーニングを受けますが、
私のような海外居住者は
コーチと予定を合わせながら
基本的にはオンラインで
トレーニングを受けます。

しかし、
〈コーチング序論〉や
〈コーチとしての在り方〉
〈コーチングスキル〉の部分は
対面でトレーニングを
受けることが望ましいということから、
今回は9時間をかけて
1日みっちり、これらを学びました。

LCWのライフコーチとして
これから活躍していくにあたり、
まずはLCWで大切にしていることを
林コーチからお話しいただき、
私もどんなライフコーチになりたいのか
ビジョンを共有しました。

また、コーチ自身の自己基盤を
しっかりと安定させることも、
LCWではとても重視しているため、
自己基盤を整えることの
重要性についても学びました。

テキストには適宜ワークがあり、
トレーニングといっても、
林コーチのお話をずっと聞いているというよりは、
テーマに沿って私自身が考えて、
それを林コーチと共有しながら
進めていく形で行いました。

“自分で考え、自分で答えを出す”
という作業を行ったことで、
学んだことがとても頭に残りました。

コーチングスキルに関しては、
まずはどんなスキルが必要か学んだ後、
コーチと10分間の簡単なセッションを繰り返し行い、
学んだスキルを使う練習をしました。

初めて実際にコーチとして
セッションを行ってみた率直な感想は、
“難しい!!(>_<)” コーチとして様々なことを意識しながら クライアントの話を“きく”ということが、 どれほど難しいことなのか 実感した瞬間でした。 しかし、実際に何度か練習を行ったことで、徐々に、 “私にもできるかも! これからセッションの回数を重ねていって、 スキルを磨きたい!!” という想いが強くなりました。 今回の対面トレーニングで、 一番よかったと思う点は、 林コーチが私だけのために マンツーマンでトレーニングを してくださったということです。 一緒に学ぶ仲間がいたら、 それはそれで心強かったり、 いろいろな意見を共有することができるので、 視野が広がったりしますが、 マンツーマンでのトレーニングは、 私が理解・納得するまで じっくりと落ち着いて 林コーチが指導をしてくださいます。 なので、 静かに自分と向き合う時間にもなり、 また、集中力も高まり、 とても素晴らしい環境で トレーニングを受けているなと思いました。 対面トレーニング全体を通して、 これからもっともっと 自分自身を知る必要がある! もっともっとスキルを磨く必要がある! と再確認することができました。 また、トレーニングが終わる頃には、 私にコーチが務まるのだろうか? という不安は消えていて、 林コーチの下でトレーニングをがんばって 魅力的なコーチになりたい!! と強く思うことができました。 これも林コーチのおかげです。 今後は、ピュアな心を大切にしながら、 多くのクライアントさんと出会って 共に成長し、世界中に、 より自分らしく楽しく幸せに生きる人を 増やしていきたいです! 林コーチ、 とても濃い1日をありがとうございました! 19059347_1539839702722398_3637916010890740159_n18839251_1484842134873829_4913977572909270659_n-1